働き手が経営する「労協」 現場目線の事業実現

「労働者協同組合法」施行へ (下)

 働き手が出資し、経営も担う労働者協同組合(労協)の形を取る団体は、すでに幅広い分野で活動している。地域ニーズに応えるために始まった例のほか、雇用や理想のサービスを生み出そうと市民自ら起業した組織も。会社による経済活動や、「労使」という縦の雇用形態が定着した今の社会に一石を投じている。

 1月16日...

残り 1984文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

くらし アクセスランキング

PR