急務! 保活のDX

 保育施設の整備が進み、福岡市の保育所などの定員は2020年までの5年間で約9400人分増えた。申込数も増えているため待機児童の問題は解消されていないが、前進はしている▼だが「保活」と呼ばれる保育所探しのプロセスはいまだに面倒くさい。認可外の施設や2歳児を預かる幼稚園の活用も促されているが、それらを同時に探せる機能がない。校区内で一定の質が担保された学校に入れる義務教育とは違って、保活の場合は保護者が保育環境や施設の状況を事前に確認するのが一般的だが、ネット上で得られる情報は限られる▼デジタルトランスフォーメーション(DX)が叫ばれる時代。さまざまな条件から最適の施設を提案してくれて、申し込みも一瞬で済むような、保活のDXを切に願う。(仲山美葵)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR