立民、若子氏の福岡5区出馬辞退を承認

 立憲民主党は9日の常任幹事会で、次期衆院選福岡5区に公認候補として立候補予定だった新人の若子直也氏(42)の辞退を承認した。福山哲郎幹事長は「新たな候補者を何としても擁立したい」と述べた。

 福岡5区を巡っては、自民党現職の原田義昭氏(76)と新人の栗原渉氏(55)が出馬意向を示し自民分裂の可能性が高まっている。共産党の新人古賀新悟氏(56)も立候補予定。 (川口安子)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR