西日本書美術展、福岡市で開幕

 九州を代表する書家や一般公募の書を展示する第46回西日本書美術展(西日本書美術協会、西日本新聞社主催)が9日、福岡市・天神の県立美術館で開幕した=写真。入場無料。作品は前後期で入れ替え、14日まで。

 漢字、かな、調和体、篆刻(てんこく)の4部門で、同協会会員などの作品776点が展示。漢字の部=福岡県太宰府市、古澤梅仙さん▽かなの部=福岡市南区、砥板とき子さん▽調和体の部=同県朝倉市、鹿毛純光さんが各大賞を受賞した。

 見学した福岡市の女性は「すばらしい作品ばかりで、書にもいろんな形があると分かった」と話した。開館は午前10時~午後6時。 (福田直正)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR