鏡よ鏡、健康なのはだ~れ? 顔映せばAI判定 荒尾で体験会

 顔を映すだけで人工知能(AI)が健康状態を判定する鏡「ウェルビーイング・ミラー」(仮称)の体験会が10日、熊本県荒尾市のあらおシティモールで始まった。12日まで。

 鏡は、市が荒尾競馬場跡地で計画する最先端の街づくり「スマートシティー」などで普及を目指す。脈拍を計測し、見た目の年齢や笑顔度、健康度などを判定する。実働すれば、最適な運動や食事、店舗を提案したり、日々の健康状態を離れて暮らす家族と共有したりすることができるという。

 体験会は、市と企業、大学でつくる「あらおスマートシティ推進協議会」が実証実験として実施。ニーズや欲しい機能などを調べ、機能向上に役立てる。体験した同市の中島友江さん(86)は「健康状態を客観的に教えてくれるので毎日の健康づくりに役立ちそう。病院や図書館などに置いてくれたら便利」と話した。 (宮上良二)

関連記事

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR