子どもたちが一番のり 「海苔の日」4400枚寄贈 熊本・長洲

 熊本県長洲町の子どもに地元の有明海で採れたのりを味わってもらおうと、熊本北部漁協(上田浩次組合長)が8日、生産者13人による冷凍網の一番摘みのり4400枚を町に寄贈した。30年以上前から「海苔(のり)の日」(2月6日)に合わせて実施。小・中学校や幼稚・保育園の給食で提供される。

 上田組合長が町役場で中逸博光町長と戸越政幸教育長に手渡した。...

残り 133文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR