久留米縞織 復活へ若者向けのチェック柄を開発

 福岡県筑後地区の伝統織物「久留米縞織(しまおり)」の若者向け商品をつくる「復活プロジェクト」で、今月上旬に4着の洋服が完成した。香蘭女子短期大(福岡市)の学生が「シマオリチェック」という柄を考え、同市の小畑亮二さんがデザインを担当。筑後市の宮田織物とミツノブが縫製した。11日から福岡市で展示される。

 ...

残り 559文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR