稲葉監督、鷹キャンプ視察 柳田&千賀を激励

 野球日本代表の稲葉篤紀監督が10日、福岡ソフトバンクの宮崎春季キャンプを視察した。12球団最後の訪問。王球団会長や工藤監督、前日本代表監督の小久保ヘッドコーチと会話を交わした。

 また東京五輪で投打の柱として期待される柳田や千賀を激励。柳田は両アキレス腱(けん)、千賀は両ふくらはぎに不安を抱えてリハビリ組で調整中だが、稲葉監督は「まずはシーズンを送ってもらうことが一番大事。そこに向けてまずは頑張って、と伝えた」などと話した。

 柳田は「まずは体の状態を万全にし、シーズンで結果を残して五輪代表に選んでいただけるように頑張ります」。千賀は「ありがたい言葉を頂いた。今はまだ満足に野球ができていない。状態を整え、いいパフォーマンスができるように」と意気込んだ。

関連記事

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR