高速船ビートル、余生は沖縄?久米島が導入検討

 沖縄県久米島町が島と那覇市を結ぶ定期航路にJR九州高速船(福岡市)が保有するジェットフォイルの導入を検討していることが10日、関係者への取材で分かった。町は同社と情報交換を始めており、採算性などを議論する検討委員会を立ち上げる。海を飛ぶカブトムシ「ビートル」の名で博多と韓国・釜山の懸け橋となった船は沖縄で余生を過ごすことになるかもしれない。

...

残り 418文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR