「知らぬ間に敗訴」違法、差し押さえ被害者が勝訴 大分地裁判決

 知らない間に元従業員の男性に訴えられて敗訴し、銀行預金を差し押さえられたとして、大分市で飲食店を営む女性が約509万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大分地裁は10日、男性に約179万円の支払いを命じた。男性が女性の住所にうそを書くなどして差し押さえ命令を得たことを違法と判断した。

...

残り 565文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

PR

社会 アクセスランキング

PR