空き物件リノベ、地域ににぎわい 筑後地区、移住者獲得にも期待

 古くなった物件をリノベーション(再生活用、リノベ)した建物を中心に、人の出入りを増やして地域ににぎわいを生み出すまちづくりが近年、注目を集めている。比較的低価格という利点だけでなく、地域のニーズを採り入れるなど、独自の趣向を凝らしやすいことも人気のポイントで、筑後地区でもいくつかの事例が見受けられる。

 リノベによるまちづくりは、空き物件を改修して店舗やイベントスペース、居住区などに利用し、住む人や関係人口を増やすことで、物件の価値だけでなく、周辺地域の価値を高めようとする取り組み。

...

残り 777文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR