ボクシング、慈善イベント 岡沢セオンが圧倒

 岡沢は持ち味のアウトボクシングがさえた。プロ10戦全勝(9KO)の若手の強打を空転させ、最終第3ラウンドには「面白い試合をしたい」と相手が得意な接近戦での打ち合いに応じる余裕も見せた。

 試合後には4月から鹿児島県体協を離れ、同県鹿屋市を拠点にスポンサーを募って活動する方針も表明。「僕らが五輪開催に向けてできるのは、(イベントなどを通じて)こういう姿を見せることだけ。見てもらって、『東京五輪をやってみてもいいのでは』と思ってくれる人がいたら最高」と話した。

関連記事

PR

スポーツ アクセスランキング

PR