職住一体が当たり前の時代へ

 昔、住まいは職場であり、職場は住まいでもありました。町家では道に面した空間で商いをし、坪庭を挟み建物の奥で生活していました。農家では家の庭先や土間が作業場でもありました。つまり、生活と労働は切り分けず職住は一体でした。

 翻ってみると、社会構造の変化に伴い就労形態も変わりました。明治時代には住まい...

残り 1088文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

くらし アクセスランキング

PR