『2016年の週刊文春』柳澤健 著

 世間をアッと言わせるスクープ記事が「文春砲」と恐れられる週刊文春。その60年余の歴史を花田紀凱と新谷学、ふたりの名編集長を軸に一望するノンフィクション。「疑惑の銃弾」などの昭和の事件から、画期を成した2016年の「文春砲」快進撃など、スクープの舞台裏を活写する。

関連記事

PR

読書 アクセスランキング

PR