『サハリン島』エドゥアルド・ヴェルキン著 極限の終末世界 克明に

 ここは核ミサイルによって世界のほとんどが破壊され、放射能で汚染された世界だ。7日間の核戦争でアジア側を除くロシアや米国、中国は全滅し、大陸では恐ろしいウイルス感染症MOB(移動性恐水病)が発生した。日本は自衛隊の主導で天皇主権の「帝国」を宣言して鎖国政策をとり、感染が広がった極東ロシア都市を化学兵...

残り 722文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

読書 アクセスランキング

PR