「長崎2、佐賀1」負担比合意 長崎新幹線の並行在来線維持管理費

 2022年秋に暫定開業する九州新幹線西九州(長崎)ルート武雄温泉-長崎間の並行在来線となるJR長崎線肥前山口-諫早間について、長崎県は12日、維持管理費は従来通り長崎が3分の2、佐賀が3分の1の負担割合とすることで両県が合意したと発表した。維持管理費を巡っては当初見込みより大幅に膨らむことが判明し、増額分を含めた負担割合について両県が協議していた。

 肥前山口-諫早間は、両県で4月につくる一般社団法人「佐賀・長崎鉄道管理センター」(佐賀県鹿島市)が鉄道施設を維持管理し、JR九州が運行する「上下分離方式」となる。維持管理費は当初年間2億3千万円と試算されたが、保守レベルの高いJRの基準や長崎県が独自に試算した新法人運営の経費などを含めると年間9億2千万円(税抜き)になったという。

 長崎県によると佐賀県との合意は今月上旬。「当初想定されていなかった経費も維持管理費に含まれると確認された」(長崎県新幹線対策課)ため、現在金額が未定の鉄道施設の固定資産税などを除き、08年に決めた割合で両県が負担する。JR九州は譲渡前に鉄道施設の修繕を行い、維持管理費の低減に向けた協力もするという。

 佐賀県の山口祥義知事は記者団の取材に「元々の約束なので、両者で合意してほっとしている。沿線地域を盛り上げていきたい」と述べた。(岡部由佳里、北島剛)

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR