大匠建設(福岡県那珂川市)井上真一社長 木造ビルの普及に注力

 林業の活性化などを目的に、板を重ね合わせて強度を高めた直交集成板「CLT」を建物の構造に利用する工法を広めようと注力している。「耐久性が高く、解体した木材も再利用できるため、環境負荷が小さい」。2017年に初めてCLT工法で手掛けた自社の社屋は、福岡県内初のCLT建築物として第4回福岡県木造・木質...

残り 160文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

経済 アクセスランキング

PR