『天国にちがいない』「パレスチナ」背景に皮肉な笑い

 ナザレの街は、イエス・キリストがいた地で、現在はイスラエル国内。本作は、ここで生まれ育ったアラブ系のエリア・スレイマン監督が、ナザレからパリ、ニューヨークへとする物語。パレスチナ問題に関する映画の企画を売り込みに行く、という設定だ。監督の目の前で、寓意(ぐうい)的でシニカルなギャグが次々に展開さ...

残り 683文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

芸能 アクセスランキング

PR