女性の社会進出考えるシンポ 飯塚市から21日にオンライン配信

 女性の社会進出について考えるシンポジウム「私と地域 ともに輝く」が21日、飯塚市飯塚のコスモスコモンで開かれる。無観客で行われ、講演などはオンライン配信される。九州で初の女性町長として注目を集めた県議の中嶋玲子さんが「女性活躍 わたし流」と題して講演し、パネル討論もある。西日本新聞社筑豊総局などでつくる実行委員会主催。

 中嶋さんは農家に嫁いだ際、農村では女性が地域の会合に参加しにくい状況にあったことなどに問題意識を持ち、女性も農業経営や農家生活の向上に向け勉強や発言をするよう意識改革を図る活動を始めた。女性の社会進出を訴えるため、旧杷木町(現朝倉市)の町議となり、2002年には町長に。その後、町職員による国税還付金詐取事件に巻き込まれる形で逮捕され、04年に辞職。無罪を勝ち取り、19年から県議を務める。

 講演では、中嶋さんが政治の道に進んだきっかけや、政界で感じたジェンダー問題について話す。パネル討論では、コミュニケーションが得意でない子どもたちの発達相談などを行う「コトノハ。」(飯塚市)の相本ゆかりさん、みそ研究所「みそらぼ」(同市)の安藤久代さんと3人で意見を交わす。

 午後1~3時で、予約不要。動画投稿サイトユーチューブ」で無料配信し、3月31日午後5時まではアーカイブ視聴もできる。接続先のURL=https://youtu.be/2R-WLoJXL2M=で、コスモスコモンのホームページからもアクセスできる。コスモスコモン=0948(21)0505。 (長美咲)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR