鍵盤ハーモニカ、突然の本体購入要請 負担増…保護者に戸惑い

 「新型コロナウイルスの感染拡大を受け、小学校の音楽の授業で、子どもたちが鍵盤ハーモニカ本体を購入して学習しています。これまでは吹き口だけを購入して本体は学校のものを使ってきたんですが…」。小学校低学年の娘がいる横浜市鶴見区の40代女性から神奈川新聞の双方向報道「追う! マイ・カナガワ」取材班にこんな戸惑いの声が寄せられた。数百円で購入できる吹き口に対し、本体を含めると販売価格は5千円以上になり、家庭の負担は軽くない。

 女性によると、本体の個人所有を求めるプリントが学校で配布されたのは昨年9月。理由は、消毒が難しい本体を共用することで感染リスクが増すことを警戒したため。長女は本体を持っておらず、急な購入の指示に女性は当惑した。

 「他の子との違いを気にする年頃。購入を拒否すれば、いじめにつながる可能性もある」。やむなく5600円を支払った。ただ納得はしていない。授業での使用頻度は低いといい、もったいなさも感じる。

 取材班が、本体購入について市内の他の保護者に受け止めを聞くと「希望者だけでいい」「コロナを考えると仕方ない。他のもので代用できるなら、鍵盤ハーモニカでなくてもいい」など、さまざまだった。

 コロナ禍を受けた横浜市教育委員会のガイドラインでは、鍵盤ハーモニカの使用について吹き口を個人所有とし、本体を共用する場合は吹き口との接続部を一人が使用するごとに消毒する-などと指示している。本体の所有方法は各学校に委ねている。

 学校側はどう対応しているのか。同市鶴見区の小学校22校に、鍵盤ハーモニカ学習について問い合わせると、4校が新型コロナ対策で2020年度から個人所有に変えたことが分かった。

 ほか4校は20年度は鍵盤ハーモニカの使用を取りやめ、代わりに学校経費で新たに購入した電子ピアノや、実物大の鍵盤を印刷した画用紙で授業をするなど模索していた。残りは「以前から個人所有」「学校備品を共用」がおおよそ半々で、21年度から個人所有への切り替えを予定している学校もあった。

 市教委によると、保護者負担軽減のために学校での鍵盤ハーモニカ共用が広がった経緯があるが、「コロナ禍にあって、人が触った鍵盤を使い回すことを心配する人もいるだろう」と今回の変化につながった。

 音楽教員ら約160人でつくる「市小学校音楽教育研究会」の後藤俊哉会長(57)は「コロナ禍で経済状況が苦しくなり、保護者に負担を求めるハードルも高い」とした上で、「音楽は子どもの心を安定させる重要な教科。学校ごとに実態に応じて判断していくしかない」と話す。

関連記事

PR

社会 アクセスランキング

PR