「中九州横断道の早期完成」阿蘇市長5選の佐藤氏抱負

 「まずは新型コロナウイルス対応に全力で取り組む。中九州横断道の早期完成に向け国への働きかけを強め、地域基盤の整備、定住・交流人口の拡大に取り組みたい」。14日告示された熊本県阿蘇市長選で無投票5選を決めた無所属現職の佐藤義興氏(71)は、支持者を前に抱負を語った。

 2005年、旧3町村の合併で誕生した同市の市長選で連続5回当選。12年の九州北部豪雨、16年の熊本地震を踏まえ「災害に強い地域づくり」を強調する。...

残り 817文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR