ゼンリンが学校向け教材 プログラミング授業に地図活用

 ゼンリン(北九州市)は15日、地図を活用した小学校のプログラミング授業向け教材「まなっぷ」の提供を3月から始めると発表した。国の学習指導要領に沿った内容で、同社が学校向け教材を販売するのは初めて。授業の進め方を示す教員向けの指導計画案もセットで提供。2022年3月末まで利用無料とし、全国の小学校へ...

残り 412文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR