コロナで景気低迷…県税、消費税が大幅減 福岡県、県債5割増

 当初予算案では、新型コロナウイルスによる景気低迷で歳入の柱となる県税や地方消費税の収入が大きく減少する見通しだ。県は、県債の発行増や基金の取り崩しで財源不足を補うが、これまでのコロナ対策で基金残高は大幅に減少しており、コロナの収束が見通せない中で厳しい財政運営を迫られそうだ。

 21年度の県税収入は、前年度比6・6%減の6120億円と想定。このうち企業業績の悪化で法人事業税が同19・0%減の1180億円、法人県民税が同35・3%減の123億円に落ち込むと見積もる。...

残り 419文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR