北九州市で14日25人、15日6人感染 介護施設でクラスター

 北九州市は15日、新たに6人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。このうち1人は、クラスター(感染者集団)が発生した市内の介護付き有料老人ホームに入所する90代男性。この施設での感染者は計6人となった。

 市は14日には25人の感染を確認したと発表。うち10人は、八幡西区の通所介護施設「デイサービスあかね空」の利用者と職員。これまで職員2人の感染も確認されており、市はクラスターが発生したとみている。

 同日はクラスターが発生した同区の介護老人保健施設「しんわ苑」に入所する60代女性が死亡したことも明らかにした。女性は死亡後に検査で陽性が判明した。同市での死者数は計38人となった。

 県は14、15両日、同市と遠賀郡の男性計3人の感染を発表した。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR