八代女性刺殺で死亡70代関与か 着衣に被害者の血痕、包丁も

 熊本県八代市のアパート駐車場で、住人の平田久美子さん(41)が刺されて死亡した事件で、県警は15日、事件後に死亡が確認された同市の70代の男性を容疑者として捜査していると発表した。

 県警によると、男性は平田さんの知人。死亡時の衣服や近くで見つかった刃渡り26センチの包丁には血痕が付着しており、DNA型鑑定で平田さんのものと一致した。事件現場付近の防犯カメラには、男性と容姿が一致する人物も写っていた。

 男性は事件後の聞き込みなどから関係者として浮上していたが、県警は行方が分からず接触できていなかったという。現場から約1・5キロ離れた山林では14日午前、70代ぐらいの男性が首をつった状態で発見されている。県警はこの男性と、容疑者とみている男性が同一人物かどうかについて「捜査上の理由から答えられない」としている。

 (中村太郎、松本紗菜子)

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR