どこかおかしい「皆勤賞」

 「皆勤賞なんかやめるべきだ」とある小児科医は言う。 毎年冬になると、保護者が発熱したわが子を連れて「インフルエンザの検査をして」とやって来る。結果は陰性。翌日も来て「もう一回、検査してくれませんか」。ただの風邪の症状だが、親はインフルエンザと診断してほしいようだった。聞くと「陽性なら欠席扱いにならない。皆勤賞が懸かっている」。皆勤賞は推薦入試に有利らしいのだ。

 頑張る子には拍手を送りたい。一方で、どこかおかしいという思いは私にもある。本当に元気ならいいが、賞欲しさに微熱があってもゲホゲホせきをしていても、登校する同級生がいた。皆勤賞の存在は「自分のために、周りの人のために、休む」という選択を阻んでいるように感じる。

 いじめで登校できない子もいる中で、学校を挙げて表彰する必要があるのだろうか。「よく頑張ったな」と担任が褒めるだけで子どもは十分うれしいと思う。 (下崎千加)

関連記事

PR

デスク日記 アクセスランキング

PR