「NIE」って知ってる? 新聞を使った授業 小中学校の取り組み紹介

 「NIE(エヌ・アイ・イー」ということにしたり、みみにしたりしたことがありますか。しんぶんかつようしたまなびでがくりょくかんがえるちからそだてようというみをえいひょうげんした「Newspaper in Education」をりゃくしたことです。かい80カこくじょうまれ、にっぽんでは「きょういくしんぶんを」とやくされています。そのNIEにかんれんしたを3ぼん-。

 ふくおかちゅうおうはるよししょうでは、6ねんせいしゃかいしんぶん使つかったじゅぎょうをしている。せんそうひんこんかんきょうなどかいかかえるもんだいとそのかいけつのためのみをまなぶ「きゅうだいかいけつこくさいきょうりょく」というたんげんで、きょうしょには「かいかつやくするほんじん」として、せんそうかんばつによってくるしむアフガニスタンのひとびとすくかつどうをしたなかむらてつげられている。

新聞記事のコピーがはられた6年生の教室

 たんにんたけうちげんせんせい(32)は「もとふくおかけんしゅっしんなかむらとおして、わたしたちはどんなこくさいきょうりょくができるのか“ぶんごと”としてかんがえてほしい」とけい10かんじゅぎょうけいかくどうたちはなかむらんだしょくりょうりょう、かんがい(かわからはたけなどにみずとどけること)のかくえんごとにすうにんのグループをつくり、ないようくわしく調しらべた。

 たけうちせんせいなかむらかつどうしょうかいするパンフレット、ほんこどもタイムズにけいさいされたれんさいまんなどをりょうとしてじゅんどうぶんがほしいりょうえらび、はっぴょうときにはしゃしんをはったボードをせたり、からいんようしたことしょうかいしたりしていた。調しらべるときにはインターネットも使つかうが、おおくのけんさくけっからひつようじょうほうえらぶのがむずかしいという。「しんぶんしゃしんしでないようがつかみやすく、みじかなかじゅうようようまれている。かえせるのでがくしゅうあしあとのこる」とたけうちせんせい

 げんひとびとった35ねんにわたるなかむらかつどうまなんだどうたち。かんそうぶんには「かいもんだいかいけつにんまかせず、ぼくきんやボランティアをしたい」「ぜんしつけにならないよう、あいちをかんがえられるひとになりたい」など、「ぶん」ができることをかんがえていていた。

新聞記事などをはったボードを見せながら発表する児童

  ☆    ☆  

 はるよししょうじゅぎょう使つかったれんさいばくみどりにかえたおしゃさん」は、がっこうなどのようかぎってなかむらてつとくべつサイト「一隅を照らす」でダウンロードできます。

西南女学院校 新聞コンクールに積極参加、2年生・山口さんが最優秀賞

 きたきゅうしゅうくらきた西せいなんじょがくいんこうは、ほんしんぶんきょうかいしゅさいする「いっしょにもう! しんぶんコンクール」へせっきょくてきさんしている、ほんねんは、2ねんやまぐちさんがさいゆうしゅうしょうえらばれ、さくねん12月15日にどうこうひょうしょうされた。

 どうこうさいゆうしゅうしょうじゅしょうするのは2015ねんらい2ふたやまぐちさんは「このようならしいしょうをいただき、たいへんうれしくおもいます。これからもいろいろなしゃかいのことにきょうってしんぶんみ、しゃかいっていきたい」とよろこんでいた。

 になったしんぶんについてぞくともだちにもんでもらいはない、ぶんけんなどをいてまとめるどうコンクール。さいゆうしゅうしょうぜんこくしょうがくちゅうがくこうこうせいらからそれぞれ1てんだけえらばれる。11かいこんかいは5まん7977てんおうがあり、うちこうこうせいは2まん7295てんで、やまぐちさんはそのちょうてんった。

 れいねんひょうしょうしきほんしんぶんはくぶつかんよこはまなか)でさいゆうしゅうしょうじゅしょうしゃかんけいしゃらがあつまりひらかれてきたが、こんかいしんがたコロナウイルスのかんせんぼうのためべつひょうしょうに。やまぐちさんはどうこうおとずれたふくおかけんNIE(きょういくしんぶんを)すいしんきょうかいかいちょうやすふくおかきょういくだいきょうじゅからしょうじょうなどをわたされた。

 やまぐちさんがえらんだのは、「まんかみさま」とばれたづかおささんのじんこうのう(AI)じゅつおうようしてそうさくされたさくひん「ぱいどん」のちょさくけんについてので、このは、いたしゃ2ふたとオンラインでたいやまぐちさんは「AIにもけんあたえるべきだとおもいますか」「AIがあやまちをおかしたらだれがせきにんるのでしょうか」などとしつもんしゃは「むずかしいしつもんだなぁ」とたじたじだった。

 どうこう西せいなんじょがくいんちゅうともどうコンクールのゆうしゅうがっこうしょうがっこうしょうれいしょうじゅしょうじょうれんこうとなっている。こんかいちゅうがくふくめすべてのせいおうした。りょうこうむらいずみこうちょうは「しんぶんいちもくしてかんてきしゃかいけることができる。スマホではどうしてもうちき、じょうほうそくになる。せいかいりょくひょうげんりょくようせいのためんできたのが(しんぶんの)コラムがくしゅうと、このしんぶんコンクールへのおうで、そのせいたといえる」とはなしていた。

オンライン出前授業、画面越しに質問やクイズ

 けん鹿しまきた鹿しましょうでは1月22日、5ねんせいきょうしつふくおかちゅうおう西にしにっぽんしんぶんしゃをオンラインでつないでまえじゅぎょうおこわれた。ビデオかいアプリ「Zoom(ズーム)」を使つかい、どう24にんしつもんをしたり、めんうつされたスライドをたりしながら、しんぶんしゃごとしんぶんせいさくについてまなんだ。

 まえじゅぎょうしゃかいたんげんじょうほうしゃかいきるわたしたち」をまなんだふくしゅうとしておこなわれた。どうたちは「ときはどういうちですか」「しにはどんなふうがありますか」などとしつもんし、こうやくのくらしぶんやこどもタイムズへんしゅうしゃらがしつもんこたえた。

 じゅぎょうでは、スマートフォンなどでむニュースのおおくもじつしんぶんしゃいたであること、デマなどただしくないじょうほうかくさんすることのもんだいてんもクイズなどをまじえてせつめいけた。

 まえじゅぎょうはオンライン、しゅっちょうともにかいさいのうわせは、こどもふれあいほん =092(711)5558

関連記事

PR

こどもタイムズ アクセスランキング

PR