リモートワーク、住宅市場をリノベ 団地にオフィス、地方も注目

 新型コロナウイルス禍で急速に広がったリモートワークの影響で、地場の住宅業界に変化が出ている。集合住宅の一部をコワーキングスペース(共同利用型の仕事場)にしたり、間取りを変えて書斎を作ったりと、在宅勤務者の需要を取り込む工夫を凝らしている。出社の必要がなくなった首都圏などの社員が福岡市などへの転居を検討する動きも急増。物件探しで重視するポイントにも変化が見られる。

URで実証実験

...

残り 1646文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR