天国からエール 松下冨士子

 つい昨日のような記憶をひもとけば、元特攻隊員として過酷な戦時の記録「残照の海」を残した夫が昇天して早や30年。2人の息子から「父さんの分まで長生きしてね」と励まされ、1人暮らしを始めたのです。

 それから背もたれのない椅子に居て、シャワーのように浴びた孤独感に耐えながら、昔からたしなむ文芸などの趣...

残り 333文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

くらし アクセスランキング

PR