アウトドア用品買わずに循環 レンタル→原料化→新製品 ヤマップ

 スマートフォンアプリによる登山用地図の提供などを手掛けるベンチャー企業「ヤマップ」(福岡市)が、アウトドア用品や登山道具を貸し出して、返却を受けた後に新しい製品として再生する新サービスを立ち上げた。価格が高いのに使用頻度が低いという声があるアウトドア用品をレンタルで身近に使ってもらいながら、資源の...

残り 631文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

経済 アクセスランキング

PR