自宅待機中の症状悪化に対応 「専用外来」来週にも開始 北九州市

 新型コロナウイルスの感染者が自宅待機中に症状が悪化した場合などに医師の診断を速やかに受けられるよう、医療機関に陽性者専用外来の設置を進めている北九州市は、来週にも市内の約80の医療機関で外来の運用を始める。17日の定例会見で北橋健治市長が発表した。

 市によると、16日時点で自宅待機中の患者は市内...

残り 154文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR