1歳児虐待死「田川市の認識不足」 検証委が答申書

 福岡県田川市で2018年、父親が当時1歳の男児にエアガンを連射してけがをさせ、母親と共に十分な世話をせず死亡させたとして起訴された事件について、市児童虐待等事例検証委員会は18日、市や児童相談所(児相)の対応は「虐待であるかどうかの認識が不足していた」などと指摘する答申書を市に提出した。

 答申書...

残り 195文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

PR

社会 アクセスランキング

PR