伴走 水元晶子

 記憶の底に沈んでいることが何かのはずみでふっと思い出されることがある。人の記憶というのは、無限大に脳の中に刻まれるそうだ。つらかったこと、苦しかったことの方が楽しいことよりも記憶に残りやすいという。しかし、記憶は書き換えられもする。ならば、苦しい記憶と闘い続けるより、別の解釈をする、もしくは封印す...

残り 367文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

くらし アクセスランキング

PR