『地形と歴史から探る福岡』 石村智著

 大陸に近く、地の利に恵まれた福岡。縄文晩期には稲作が始まり、中世には中華街が形成され、最先端の外来文化の流入窓口となるなど繁栄した半面、常に外圧にさらされ、戦国時代は諸大名の争奪の的にもなった。著者は古代の港を研究する考古学者で、...

残り 92文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

読書 アクセスランキング

PR