中1いじめ自殺未遂、荒尾市教育長が陳謝

 熊本県の荒尾市立中に通っていた1年女子生徒が複数の同級生から受け続けたいじめを苦に自殺を図った問題で、いじめ防止対策推進法の「重大事態」と認定した市教育委員会の浦部真教育長は19日の定例記者会見で「絶対にあってはならず、重く受け止めている。被害に遭った生徒と家族の心情に寄り添い、元気になっていただくことを大前提に取り組みを進めたい」と陳謝した。

...

残り 232文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR