交通保険金詐欺、主犯格の男実刑 熊本地裁判決

 交通事故を装って保険金をだまし取るなどしたとして、詐欺や恐喝などの罪に問われた熊本市中央区の自営業米本達哉被告(24)と、同区の土木作業員高木圭一郎被告(24)の判決公判が19日、いずれも熊本地裁であり、杉原崇夫裁判官は米本被告に懲役2年6月(求刑懲役4年6月)、高木被告に懲役3年執行猶予5年(求刑懲役4年6月)をそれぞれ言い渡した。

...

残り 298文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR