育成2年目の大関が好投 2回被安打1零封 工藤監督高評価

 福岡ソフトバンクの育成2年目、大関友久投手(23)が19日、宮崎春季キャンプの紅白戦で2回を被安打1、無失点と好投した。

 仙台大から昨年に育成ドラフト2位で入団した185センチの長身左腕。今回B組(2軍)から抜てきされ「緊張でちょっと力んだ」と振り返るものの、威力のある直球と多彩な変化球を駆使して1軍の打者を打ち取っていった。

 六回に白組の4番手で登板。先頭の松田を143キロ直球で力ない遊ゴロに打ち取ると、好調の柳町も遊ゴロ。2死二塁で迎えたリチャードからは変化球で空振り三振を奪った。続投した七回も無失点に切り抜けた。

 「ゼロで抑えられたのは良かったが、自分の力が足りないなとも思った。今の時期だから抑えられている」と本人は謙虚だが、工藤監督は「外の変化球でカウントも取れていたし、左(打者)に対してシュート気味に入ってくるボールもある。左打者にいい投球をするんじゃないかと感じた」と高く評価した。

 多くの育成選手を主力に育ててきたチームに、新たな力がまた出てきた。 (長浜幸治)

関連記事

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR