記者兼防災士として

 地域で防災リーダーの役割を期待される防災士。災害や防災関連の記事を書くことが多く、広い知識や技能習得のため昨年12月、福岡県飯塚市で資格取得に挑んだ。

 試験前に養成講座があり、受講生に中高年が目立つ中、20~30代のグループも。知人がいたので話を聞いた。きっかけは昨夏の豪雨。数人で同県大牟田市へ支援物資を運んだ際、他にも手伝いをしたかったが、何をすれば良いか分からなかった。そこで、災害対応や復旧ボランティアができる組織を立ち上げ、知識に基づいた活動をするため防災士を目指したという。

 その後、その知人と私に合格通知が届いた。知人は「これからが本番。業種や団体を超えた仲間と、県内外で活動したい」と意気込む。防災士は全国に約20万人いるが、効率的な活動には情報共有など横のつながりが必要。私も彼らと連携しながら、情報発信や地域防災力の向上に取り組みたい。 (中川次郎)

関連記事

PR

デスク日記 アクセスランキング

PR