【やさしい日本語】九州(きゅうしゅう)で  初(はじ)めて「新型(しんがた)コロナウイルス」が  見(み)つかってから 1年(ねん)たった

去年きょねんの2がつ20日はつか、  福岡ふくおかの  ひとから  新型しんがたコロナウイルス(COVID-19)が  つかりました。

九州きゅうしゅうでは、はじめてでした。

それから  1ねんが  ぎました。

これまでに  ウイルスが  うつった  ひとは、  九州きゅうしゅうの  7つの  けんで  2まん8700にんぐらい  います。

60%  ぐらいは  福岡ふくおかけんの  ひとでした。

430にん  以上   いじょうが  くなりました。

おなじ  場所ばしょで  ウイルスが  たくさんの  ひとに  うつる「クラスター(cluster)」も、400かい  以上  いじょう  ありました。

みんなが  ウイルスに  をつけていますが、ウイルスは  いまも  ひろがっています。

仕事しごとが  なくなって  こまっている  ひとも  たくさん  います。

ウイルスが  心配しんぱいな  生活せいかつは、いつまで  つづくか  わかりません。

ワクチン(vaccine)の  注射ちゅうしゃが、  九州きゅうしゅうでも  もうすぐ  はじまります。

まず  病院びょういんで  働く人はたら    ひとが  ワクチンの  注射ちゅうしゃをします。それから、ほかの  ひとに  注射ちゅうしゃを  します。

 

もとの  記事きじは  こちら

関連記事

PR

九州ニュース アクセスランキング

PR