今を語る「四つの言葉」

「先生」になった 藤田中

 大学が春休みに入り、まとまった時間がとれるようになった。そこで今は一念発起、自宅でパソコンの独習に励んでいる。

 もちろんパソコンは新聞記者時代から毎日使っているが、専ら画面上の原稿用紙に記事を書く作業一辺倒だった。そのため、同僚の先生方がパソコンで自作している写真やグラフを駆使したおしゃれなスライド教材に憧れてしまう。私も作ってみたい、との思いからだ。

...

残り 735文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

社説・コラム アクセスランキング

PR