鷹投壊…紅白戦強制終了 五回尾形3失点→六回津森4失点

 福岡ソフトバンクは20日、今キャンプ3試合目となる紅白戦を行ったが、昨季1軍を経験し今季の飛躍が期待される若手投手らが乱れ、試合は途中で強制終了となった。

 五回。白組の4番手として登板した尾形が乱れた。先頭への四球にけん制悪送球、2長短打、さらには自らの暴投で3失点。あまりの乱調ぶりに、紅白戦では珍しく投手コーチがマウンドに駆け付けたが、2死後には周東に左前打を許すと再び一塁へのけん制悪送球でピンチを広げた。

 「尾形君は、投手コーチからも『やめさせましょう』と」。工藤監督が説明したように、本来2イニングの登板が予定されていた尾形は、五回表を投げ終えたところで降板となった。この事態を受け、六回表のマウンドには紅組で六回裏に登板予定だった津森が、急きょ白組のユニホームに着替え登板。津森が六回の表裏の「2イニング」を投げれば、試合は予定通り六回裏まで行えていた可能性もあったが、2年目の飛躍が期待されるその右腕も乱れた。急きょの登板変更だったとはいえ、3長短打に2四球が絡み1イニングで一挙4点を失った。

 工藤監督は「紅白戦となるとインサイドの厳しいところを攻めるのは難しい」と、内角攻めが持ち味の右腕をかばった。一方で「ストライクを取るボールが甘いというところはあった」と厳しい言葉も忘れなかった。報道陣の前では冷静に言葉を選びながら取材に応じた工藤監督だが、試合後には投手コーチと険しい表情で会話を重ねていた。 (倉成孝史)

関連記事

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR