鷹島小旧校舎にお別れ 鷹島中隣接地に移転

 4月から新校舎に移る長崎県松浦市鷹島町の鷹島小で21日、旧校舎とのお別れ会があり、全校児童88人と保護者らが思い出の学びやとの名残を惜しんだ。

 鷹島小は1874年に遠通小として開校。建物の老朽化が進み、新年度から約500メートル離れた鷹島中の隣接地に建つ耐震化を施した新校舎に移転する。

 お別れ会でPTA会長の桐木希美さんは「私もここで学んだ。この校舎で皆さんが築き上げた歴史は心の中に生き続け、新校舎に引き継がれる」と感傷を交えつつ、児童を激励。スライドショーでそれぞれの思い出を懐かしんだ。...

残り 125文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR