滑ったけれど、滑らない!

唐の時代の中国に孟郊という詩人がいた。「再び下第す」と題した一作を残している。「一夕(いっせき)に九(ここの)たびも起きてなげき」「むなしく涙をもって花を見る」▼一晩に何度も目が覚めては、落胆のため息ばかり。花々も涙でかすんで見える-。身も世もない悲嘆ぶりである▼「下第」とは不合格の意。小欄でも以前...

残り 444文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

春秋(オピニオン) アクセスランキング

PR