防げコロナ病床逼迫 民間病院の"後方支援"最前線

 新型コロナウイルスの感染拡大による病床逼迫を防ごうと、民間病院がさまざまな形で“後方支援”に乗り出している。自宅やホテルでの療養が困難な高齢患者を引き受けたり、回復者の転院を受け入れたり。補助金のかさ上げや診療報酬の増額など国による金銭面の手当も後押しになっているようだ。

 「あと10分で着きます...

残り 1610文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR