講演を終えた後の焼酎は格別【壱行の歌 認知症を描く】

若年性認知症当事者・福田人志さん寄稿(13)

 「えっ、都城?」

 「そう。皆さんに話をしてほしいそうなのよ」

 宮崎県都城市。行ったこともないその市から、講演依頼が舞い込みました。後見人の中倉美智子さんは涼しい顔で言いますが、70分間の長丁場は未知の領域。それまで人前で話したのは長崎県内だけ、15分間がせいぜいでした。

 2016年の秋も終わ...

残り 758文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR