ありのままの風景楽しんで 「フットパス」普及へ5団体連携

 地域のありのままの風景を楽しみながら歩く「フットパス」を広く知ってもらうため、佐賀県内5団体による「フットパスネットワーク佐賀(FNS)」が発足した。連携して広報活動などを行い、普及を目指す。

 フットパスは英国が発祥で、全国の地域おこし団体や自治体が取り組んでいる。FNSは伊万里フットパス協会、小城...

残り 222文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR