大学の研究成果の事業化支援 4300万円を提供 九州の産学組織

 大学発のベンチャー企業育成を図る産学組織「九州・大学発ベンチャー振興会議」は22日、研究成果の事業化を支援する「ギャップ資金」について、2020年度は11大学の19件に対し、計4300万円提供したと発表した。

 振興会議は17年に発足し、地場企業22社や九州・沖縄の13大学のメンバーで構成。ギャッ...

残り 224文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

PR

経済 アクセスランキング

PR