アスベストを短時間で測定 福岡市、携帯機器を購入へ

 福岡市は2021年度、災害などで倒壊した建物にアスベスト(石綿)が含まれているかどうかを調べる携帯測定器「アスベストアナライザー」を導入する。短時間で測定でき、作業時のアスベスト吸引による被害や飛散の防止対策に役立てるとしている。

 市のこれまでの石綿濃度調査は、フィルターで粉じんを採取し顕微鏡で...

残り 317文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR