佐賀県で新たに11人感染 カラオケ喫茶関連広がる

 佐賀県は23日、佐賀市の40~70代の男女8人、小城市の10代女性、伊万里市の70代女性、神埼市の70代男性の計11人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち8人はクラスター(感染者集団)が発生した佐賀市のカラオケ喫茶と関連があるという。県内で確認された感染者は累計1026人となった。

 県は22日に発表した感染者5人の詳細も明らかにした。佐賀市の70代女性と60代の男女はクラスターが発生した同市久保田町のカラオケ喫茶「歌謡サロン アプ・ローズ」の客。60代の男女は同市開成の「カラオケ喫茶キララ」も利用していた。同市の60代女性は両店を利用した陽性者と接触があった。両店関連の陽性者の中には、他のカラオケ付き飲食店にも足を運んだ人がいるという。

 また、伊万里市の20代女性は県内の医療機関の職員。クラスターが発生した有田町の伊万里有田共立病院の利用者と接触したという。 (野村有希)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR