宮崎商は天理と対戦 選抜高校野球、第2日第1試合

 全32チームの中で最長ブランクとなる52年ぶりの出場となった宮崎商は甲子園常連校の天理と対戦する。強豪との対戦に中村碧人主将(2年)は「伝統校で、いい投手がいると聞いている。一戦ずつ全力で戦う」と誓った。

 天理の達孝太(同)はプロ注目の右腕。過去2回出場した春はともに初戦敗退しただけに中村主将は「まずは守備から流れをつくり、攻撃につなげるのがチームの野球」と強調。持ち味の打撃力で好投手を攻略し、春に初めての花を咲かせる。

関連記事

PR

スポーツ アクセスランキング

PR